第12回 おちらとウォーキング  (平成27年10月10日)


今年は参加者28名、ボランティア7名、職員9名
総勢44名の方がご参加くださいました。



天気も良く、皆さん軽快に歩いておられました。

今年のルートは @金太郎の家
A灘北の石造物群
B荘原小学校
C神庭岩船山古墳
D神庭の一畑常夜燈
E学頭宮、諏訪神社 でした。


昨年に引き続き、宍道様に史跡の説明をしていただきました。
今年も大好評でした!




【灘北の石造物群】
JR荘原駅の南に5つの石造物があります。
一畑燈籠は江戸時代後期の「弘化2年」と刻まれており、
江戸時代の山陰道沿いに置かれたと考えられるそうです。
現在は地元の灘北自治会の皆さんが守っておられます。




【神庭岩船山古墳】
全長約60mのこの前方後円墳は、かつては北側に
宍道湖があり、湖岸の近くに位置していたそうです。
墳丘からは円筒埴輪が見つかっています。



【諏訪神社】
学頭地内の氏神様で、中央に建御名方大神、
左に神功皇后武内宿祢、右に米原平内兵衛尉綱寛命
が祀られています。


今年は社務所で昼食を頂きました。
みんなで食べると格別ですね!


ご参加、ご協力いただいた皆様、
ありがとうございました。



TOP