本文へ移動

竹内淳子/訪問介護ヘルパー

入職10年目
担当部署:訪問介護・居宅介護
 
Q.お仕事の内容を教えてください
 訪問介護・居宅介護のヘルパーとして勤務しています。ヘルパーは利用者の方のご自宅へ伺い、その方のニーズに合わせて、入浴などの身体介護を行ったり、調理や掃除などの家事援助を行っています。また、乗降介助では病院への送迎や付き添いを行ったり、同行援護や移動支援などでは外出のサポートなども行っており、業務の内容は多岐にわたります。高齢者の方と障がい者の方、両方のサービスを行っています。
 また、サービス提供責任者として、ケアマネ―ジャー・相談支援専門員の方や他事業所の方と連絡調整を行ったり、担当者会議に出席したり、ヘルパー全体のシフトを作成したりといった管理業務も行っています。
 
Q.このお仕事を選んだ理由、金太郎の家に就職したきっかけは何ですか
 高齢者介護の技術を学びたいという思いがあり、福祉系の大学に進学しました。在学中は、小規模ケアに魅力を感じて色々な施設を見学に行きました。
 卒業後の就職先は高齢者の入所施設でしたが、家庭の都合で退職。その後、知人の紹介で金太郎の家に出会いました。家庭的な雰囲気のなかで地域に根差した支援を行っていて、以前から興味があった小規模ケアの実践ができるというところに惹かれて入職しました。
 
Q.お仕事を通じて得られたものや、心に残るエピソード・思い出などはありますか?
 ヘルパーはご本人が暮らしておられるその場所に入っていって支援を行う仕事で、在宅生活を支えていく上で基本となるサービスだと思っています。特に独り暮らしの方や高齢者世帯の方などは、家事支援をはじめ様々なサポートが必要で、ヘルパーの果たす役割は大きいと感じています。利用者さんから「また来てね」と言われたときは、とても嬉しいです。
 障害者の方の支援は継続した利用が難しいケースも多いのですが、1年、2年と利用が続いていくとやりがいを感じます。
 今後も障がい特性などを含めて利用者の方の理解を深めていき、必要なサービスを行うことで自立につなげ、その方が地域で長く暮らしていけるように支援していきたいです。
 
Q.職場の雰囲気を教えてください
 金太郎の家のヘルパーは皆優しい人ばかりですが、それぞれに責任感を持って仕事に取り組んでいます。普段の仕事は一人ひとり分かれて訪問しているので、その分情報共有は密に行っています。ヘルパーステーションはみんなとても仲が良いので、今後もこのメンバーで協力しながら頑張っていきたいです。
 
Q.休日の過ごし方を教えてください
 休日は子どもと一緒に買い物に出かけたり、家でのんびりリラックスして過ごしています。
 
社会福祉法人金太郎の家
〒699-0501
島根県 出雲市
斐川町学頭1463番地10
TEL.0853-72-5110
FAX.0853-72-5192

高齢者福祉サービス
障害福祉サービス

TOPへ戻る