本文へ移動

理事長挨拶

理事長挨拶

    
 社会福祉法人金太郎の家のホームページにアクセスいただきまして、誠に有難うございます。 社会福祉法人金太郎の家の理事長 阿食かをると申します。
 
 当団体は、平成11年6月に、斐川地域に住む元施設職員や保育士、公民館活動をしていた女性等15名が任意団体「ファミリーサポートホーム金太郎の家」として立ち上げました。高齢化社会の到来、核家族化、生活様式の変化などにより、家族機能の低下、地縁血縁の希薄化の問題視されはじめた頃でした。これら地域の問題を、もっと引き寄せて自分たちの問題として考え、私たちにできることを取り組んでいきたいと考えたのが始まりでした。
 
 「誰もが暮らしやすいまちづくりの一助」となることを願って、横の関係に立ち、困ったときには気軽に駆け込んで行って利用でき、小さな福祉ニーズにも応える「地域のお隣さんのようなところ」があることが望ましいと考え「住民参加型福祉団体」して立ち上げ、有償ヘルパーや高齢者や障がい者のサロン、一時預かり保育などをスタートさせました。
 その後、平成13年にNPO法人格を取得し、斐川町からの委託事業も行うようになり、平成14年からは、介護保険事業事として痴呆専用型の通所介護(現在は認知症対応型通所介護)も始めました。平成16年からは、居宅介護支援事業、平成18年からは高齢者や障害のある方(移動制約者の方)のニーズを受け陸運局の許可を得て福祉移送サービスも開始しました。平成20年からは、訪問介護事業も開始しています。
 そして平成26年に社会福祉法人として認可をいただき、平成30年には、多機能型障がい施設「麦の家」を開設。就労継続支援B型や生活介護など、本格的に障害のある方への支援にも取り組んでいます。
 
 地域の女性たちの思いではじまったささやかな活動も、おかげさまで20年を迎えました。この地で、地域の方々やたくさんの方々に支えられて、こうして活動を続けさせていただけていることに深く感謝を申し上げます。
 これからも、一住民の立場から、地域の問題や福祉ニーズに向き合い活動を行っていきます。また、NPO時代と同様、フォーマルサービスとインフォーマルサービス両輪で、地域のニーズにきめ細かな対応を目指していきます。他団体、行政機関等と連携を取り、協力して地域のセーフテイネットの一部としての役割が果たしていけるように努めて参ります。
 最後に、前理事長が常々申しておりました「福祉活動は友情と信頼の上に立ったものでなければならない」という言葉通り、ご利用者、職員、地域の方々との間で、友情と信頼の輪を広げ、誰もが安心して共に暮らせるまちづくりの一助となることを目指し、活動を行っていきます。
 今後ともご指導ご支援のほどお願い申し上げます。
 
2020年1月
社会福祉法人金太郎の家
理事長 阿食かをる
社会福祉法人金太郎の家
〒699-0501
島根県 出雲市
斐川町学頭1463番地10
TEL.0853-72-5110
FAX.0853-72-5192

高齢者福祉サービス
障害福祉サービス

TOPへ戻る